展示会の基本


あるOBの認識

ある有名大企業の引退したOBで上位のポジションだった方と展示品についてお話しした時のことです。
その方は、展示品は自社の商品をそのまま展示すればよいという認識の方で、分かり易く説明しやすい展示品ということは考えていない方でした。
せいぜい社員が片手間に作った原理品や試作品に毛が生えたようなもので展示には十分ということのようで、正直言うと、よくもそのような認識で出展していたなぁと思ったものです。
商品自体に大きな魅力があればある程度人は興味本位で寄ってきますし、大企業ともなれば多くの営業員もいますので呼び込みや商品展示で大きな問題にならなかったのでしょう。
人海戦術によるある意味力業ともいえる出展です。
しかし、この考えは潤沢なリソースを持つ大企業だからこそで、1小間や2小間のブースで少ない種類の商品を展示する大部分の企業にはあてはまりません。
リソースの少ない企業が真似すると、ほとんどは出展に失敗することでしょう。
というか、よく目にした光景です。







デモ展示 展示品のコツ デモ展示で集客力アップ 展示会の基本
ページの先頭へ戻る
目次