展示会の基本


出展にかかる費用

出展は思ったよりお金がかかります。多少でも実りある出展にするためには、ある程度の費用はどうしても必要です。
知名度のある大規模展示会から会議室で行うような小さな商談会まで色々あるため一概にいくらとは言えませんが、多少名の知れた展示会でブース装飾と商品展示を行うのであれば、最低でも2百万円以上の出費は覚悟する必要があります。

(場所)
有名展示会を例にとると、展示スペースは1小間(約3m×約3m)と呼ばれる単位を基準として、出展者は必要な小間数分だけ展示会主催者から借りて出展します。
多くの場合、照明も什器も何もない壁で仕切られているだけのプレーンな状態がほとんどです。
場合によっては床に区割のテーピングだけでそれ以外本当に何もない時もあります。
大きな展示専門の会場の場所代は期間中1小間約20~40万円程度が相場です。
地方の小さな展示会・商談会では5万円や10万円という低料金の場合もあり、中には行政やお付き合い出展などで場所代は「タダ」ということもあります。

(ブース装飾)
ブースの見映え(装飾)を良くするために壁・床・照明などの装飾加工を行うと、百万円単位の費用が装飾レベルに応じて追加必要となります。
なかでも、展示品種目が多い大企業は、多くの小間を使って家のようなブースを数千万円以上かけて制作します。
どのくらいまで費用を投入すればとりあえずよいのか気になるところですが、実はブースの装飾はいくらでもお金をかけることができてしまうので、これくらいでちょうどよいという相場はありません。
出展企業が他に比べてどの程度の見栄えを気にするかで総額が決まるとも言えます。

ブース全体の見栄えも大事ですが、興味を引く商品展示がないブースはほぼ間違いなく失敗するので出展の企画担当者は注意しましょう


(展示品)
それ自体で実演デモできる製品なのか、実演の難しい半製品・部品なのかで大きく費用は変わります。
製品だけでデモできる場合は、周辺デコレーションする程度で、1台あたり数万円~数十万円です。
半製品・部品の場合、実演型デモ品を製作するならば、一般的には1台あたり数十万円から数百万円程度は必要です。
もちろんテーブルに並べるだけであれば、費用はほとんどかかりませんが、説明員がお客様に説明するための展示品は、ブースの中心ともいえるものです。
そして、出展企業が展示会で一番アピールしたいポイントであり、他より注力する必要のある部分です。
言い換えると商品展示への投入資金をケチると中身のない中途半端な展示会になり、出展が失敗に終わる可能性非常に高くなります。
特に部品や半製品レベルの商品展示は、テーブルに並べるだけでは集客や見込み客獲得の効果がほとんどないので、できる限り実演型の展示品をそろえるのがコツです。
また、展示品は次の展示会や営業現場で何度も使いまわしできるように制作します。

展示品を準備するうえでの注意点として、その商品を設計した社員が制作したもの(例えば原理品等)を使用したり、商品をテーブルに並べるだけはできる限りやめましょう。
出展企業には、なぜかそういう企業が非常に多いのですが、そのような企業の展示品は(はっきり言うと)見た目の見苦しい夏休みの工作レベルのものが多く、さらには社員目線で制作されているためお客様に分かり難い・説明しにくい・現場での扱いが難しい展示品がほとんどです。
展示会の成功率を少しでも上げたいなら、上記のようなことは極力止めるべきです。
企業として一番アピールすべき部分なのに、一番手を抜いてどうするのかと思うのですが、実に7割もの出展企業がこのような状況です。
これは、第一に予算が少ないこと、第二に展示会の企画者が、展示する商品の何が訴求点なのか、それをどのように見せればお客様に分かり易いかを分かっていないからです。
企画者が展示商品の売り方を分かっていないため、餅は餅屋とばかりに展示品の企画から設計部門や現場部門に任せてしまう(丸投げするとも言う)ためと思われます。
これでは、お客様に分かり易い・興味を引く展示品ができるはずもありません。
展示品は、それを販売している営業マン・作った技術・そして他の展示会を良く見た展示会企画者の3者が、全員で何をコンセプトにするのか、そして具体的な形や訴求方法をどのようにするのかを、よく打ち合わせてお客様の印象に残るものを展示・制作するようにしましょう。


(什器、パネル、パンフ)
1小間レベルだと、什器レンタル代や壁に掛ける説明パネル製作代、チラシやパンフ代などが別にどんなに節約しても10~20万円程度必要です。

(派遣人材費)
イベントや説明のためにそれなりの見栄えがするコンパニオンを使う場合は、3~6万円/人日は必要です。
また、コンパニオンには服などが別に人数分必要です。

(電源、WiFi)
展示会期間中は電源やWiFiは場所代に含まれていることも多いのですが、利用できる電力量や接続数などに制限があります。
足りない場合は追加費用を払うことで増設できることもあります。

(機材輸送費・交通費・宿泊費)
展示会に出展するためには機材類を自社から展示会場まで運ぶ必要があります。
また、展示会関係者の移動や宿泊などにも費用が必要です。



経験ゼロから展示会に出展するには出展予定時期の最低半年前から、できれば1年前からの準備が順当です。
会社としてどの程度の規模にするかを良く考え出展計画時には業者と必ず事前打ち合わせしましょう。


参考 : 興味を引く商品展示とは







デモ展示 展示品のコツ デモ展示で集客力アップ 展示会の基本
ページの先頭へ戻る
目次